HOME>アーカイブ>弱点を克服出来るので部活都との両立も可能

難関突破に向けて

女性たち

少子高齢化が進んでいる日本ですが、こと大学入試に関しては二極化が顕著になっています。望めば全員が大学進学出来る時代ですが、国公立や難関私立の倍率は上がっています。コロナウイルスの影響で所得が下がっていますし、浪人をせずに現役合格を果たしたいと願うのは当然です。そこで重要になるのが、学校の授業プラスアルファの勉強時間です。塾や予備校に通うのも効果的ですが、短期で実力を身に付けるには個別指導スタイルがベストです。とりわけ大阪の家庭教師はレベルが高く、個々の特性に合わせた指導を行ってくれます。分かるまで何度も質問することが出来るので、取り残されることがありません。若くて情熱的なスタッフばかりなので、良きお兄さんやお姉さんのような存在です。

理数系に強い

女性たち

大阪の個別指導を選ぶ生徒の中には、医学部や看護学部を目指すケースが目立ちます。要因にあるのが、理数系の教え方だと言われています。家庭教師の大半が国公立大学出身で、自身が過酷な受験戦争を潜り抜けて来ています。試験で狙われるポイントを熟知していますし、ラストスパートがかけ易い環境と言われています。無論、文系の指導力にも絶対の自信を持っていて、授業料の安さも魅力だと言われています。

時間を選べる

女性たち

いわゆるガリ勉タイプは、案外、受験本番に弱いと言われています。難関大学であっても、大阪の個別指導スタイルであれば合格することが出来ます。英語の重要性が叫ばれて久しいですが、ネイティブな発音が身に付いて長文問題が強くなります。家庭教師であれば自由な時間に依頼をすることが出来ますし、他の生徒のことを気にせずに質問することが出来ます。通常の塾や予備校に比べると、授業料も安く設定されています。

内部1テキストリンク1

内部テキストテキストテキスト内部テキストテキストテキスト内部テキストテキストテキスト内部テキストテキストテキストPr_linkテキストリンク内部1-1

内部1テキストリンク2

内部テキストテキストテキスト内部テキストテキストテキスト内部テキストテキストテキスト内部テキストテキストテキストPr_linkテキストリンク内部1-2

内部1テキストリンク3

内部テキストテキストテキスト内部テキストテキストテキスト内部テキストテキストテキスト内部テキストテキストテキストPr_linkテキストリンク内部1-3

内部1テキストリンク4

内部テキストテキストテキスト内部テキストテキストテキスト内部テキストテキストテキスト内部テキストテキストテキストPr_linkテキストリンク内部1-4

内部1テキストリンク5

内部テキストテキストテキスト内部テキストテキストテキスト内部テキストテキストテキスト内部テキストテキストテキストPr_linkテキストリンク内部1-5

広告募集中